la vie quotidienne

*あなたのストーリーお読みします* ストーリーリーディングのsatonao*blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

統合退行セラピー

私に起こっている不思議な現象の数々。
もう、諦めてその流れに身をゆだねていますが
やっぱり何なのか理由が知りたくて、このセラピーを受けました。

ヒプノセラピーというもので、催眠状態へ誘導されながら
記憶を過去世やインナーチャイルドへと遡ることで
現在抱えている悩みの原因となる部分に気づき
癒していく方法です。

REIKIの先生がヒプノもやってくれたので
かなりリラックスした状態で受けることができました。

まずはカウンセリングで、ここ最近起こっている不思議なことが
裏ではどんどんつながって、何かひとつの方向へ向かっているような
そんな気がする話をしたり、更にその話の根っこには
やはり結婚前の出来事も大きく横たわっている感じで
その話もしっかりと先生にお伝えしました。

まずは、問題点が何点かあったので
その中から、まずは自分の知りたいことにフォーカスを当てて
それに関係が一番深い過去世へと記憶を遡りました。

ソファーにリラックスして座り、軽く目を閉じて
先生の誘導でその過去世へと旅に出ます。
先生の声も聞こえるし、私の顕在意識もちゃんとある状態で
最初は本当に催眠に入っていっているのか不安でした。

到着した過去世で、過去世の自分の身体を感じます。
男性だと分かりました。年齢は30代でブーツを履いています。
そして、広場のような人の行き交う場所をジッと見ている私。
後ろには2~3階建ての建物が並びます。
インスピレーションで『警官』と気づきました。
どうやら、場所はヨーロッパのようです。

彼が家に帰った場面へと変わると
台所には奥さんがいて、
鼻歌を歌いながら夕食の支度をしていました。
彼がダイニングからそんなチャーミングな奥さんを見つめ
『愛おしい』という感情を私も一緒に感じていました。

ふたりが若い頃の場面へと変わると、18歳くらいの若々しいふたりが
草原で楽しそうにピクニックをしている姿がありました。
彼女は頭に花柄の薄いスカーフを被っていました。
とても仲の良いふたりです。

そして、ふたりに転機が訪れました。
大きな事が起こった場面へ誘導されると、そこは暗闇でした。
『暗い…石…冷たい…寂しい…!!!』
そんな感情がわき上がり、あまりの寂しさにワッと泣き出してしまいました。
自分でもビックリするほど悲しくて、寂しくて、彼の感情を
全身で受け止めているのがよく分かりました。

彼は牢屋に入っていました。年齢は50代くらい。
そして、鉄格子の外の天窓から零れる一筋の自然光を見ながら
いつも、妻のことを想っていたことを感じました。

そして、連行される原因となった場面へと誘導されると
彼は日課のように丸太を家の前で切っていました。
すると、ふたりの憲兵がやってきて突然彼の両腕を掴み
有無を言わさず連行していったのです。
ちょうど奥さんは、外出中で彼はまず奥さんになんとか伝えないと!
と考えているのがよく分かりました。

そして、牢獄の中の少し広い場所で地面に座らされ
そこへちょっと偉そうな人がやってきました。
彼は『助けてもらえるかも!』と思うのですが、その瞬間に
『連れて行け』と言い放たれ、彼は懸命に
『ぼくは警官だ!今までもこれからも悪いことなんてしない!何かの間違いだ!』
と訴えるものの、聞き入れてはもらえずに連れて行かれます。

そこでは数年間、捕らえられているようですが
その彼が解放、もしくは死を迎えるならその場面へ行って下さい
と、誘導されると、牢獄から歩いて出て行く彼が見えました。
『国が変わった』『解放された』とキーワードが浮かび
ボロボロの服のまま、彼は家路を急ぎます。

まだ家はあるだろうか、彼女は待っていてくれるだろうか…
と、不安な気持ちも感じました。
そして、家を見つけ、その窓からこちらをみている彼女を見つけました。
その瞬間、彼女は家から飛び出し、ふたりはギュッと抱きしめ合いました。
『ずっと待っていたのよ!
何度も牢獄へ行って、無実の罪だから解放して欲しいと言ったのよ!』
と、泣きじゃくる彼女を抱きしめながら思うのでした。

『もう離れない。ずっと彼女の側にいる。』

その後、ふたりは家の前に小さな畑を耕して
貧しくても自給自足のような生活をしながら、いつも一緒にいました。

そして、死を迎えます。
彼の方が先に死を迎えました。
ベッドに横たわる彼。手をずっと握っている彼女。
ふたりは彼の死期を悟っていたようで、慌てもせず静かな時間でした。
彼は最期に
『ありがとう。ぼくはとても幸せだった。愛してる。』
と、言ってフッと魂が肉体から離れるのを感じました。
次の瞬間には彼女の頭上を見ていました。

そして、『彼女は悟っていた。だから涙を一筋だけ流した。』
と、彼が言うのが聞こえました。
もう、彼女は大丈夫だから…と言うと魂はぐんぐん上へ昇り
雲の上の上のそのまた上の…澄み渡るスカイブルーの世界。
その途中にあった大きな雲へ降り立つと
『休憩!』と言って、しばらく留まるようでした。

それは、彼女が来るのを待つためのようでした。

地上では何年間が経過したのか分かりませんが
彼女もやがて亡くなり、魂が嬉しそうに走って彼の元へやってきました。
ふたりは手をつなぎ、ぴったりと寄り添いながら
虹色をした大きな水晶のような球体の中へ入っていきました。
そして、彼は『終わり!』と言っているので、何が終わりか聞くと
『ひとつの人生の終わり、新たな始まり。』と言っていました。

虹色の球体の中で、ふたりは次の出発へと準備します。
彼女の方が先に出発するようです。
彼は『ちゃんと出会えるかな?君のこと分かるかな?』と心配そう。
でも彼女は『大丈夫、分かるようにするから!』
『目印は一緒に暮らした家にしましょう!』と。
その家はどこにあるのか聞くと『ブルゴーニュ』と言われ
ふたりがフランス人だったことが分かりました。

そして彼女は旅立ちます。
虹色の球体から、小さな水晶のような球体がプチッと出て
それが彼女の魂のようで、スーッと目的の場所へと消えていきました。
彼も旅立ちを迎えます。
そして、『決めた!』と声が聞こえ、その方向を見ると
若い頃の母の姿が見えました。え!?私!?と思い、驚きました。

母が泣いているのを感じました。
そして、私の魂が『大丈夫、大丈夫だから!』と言っているのを感じました。

なぜ日本人にしたのか先生が聞くと、私の魂は目的を語り始めました。
『助ける、たくさんの人を。心が疲れている。役目。温かい手。奉仕。』
と、ポンポンとキーワードが浮かびました。
そして、魂は『早く行こう!ぼくは急いでるんだ!』
と彼女に出会うためにすごく急いでいるのが分かって、かわいいなぁ…と
自分の過去世ながらなんかすごく愛着を感じてしまいました。

最後に、過去世の彼と一体になることで、自分の人生の目的を
しっかりと思い出すことが出来ました。

今回のセラピーでは彼に『愛することを大切にしなさい。』という
メッセージをもらうことが出来ました。
これは、まさに今私の抱えている問題に直結し、涙が溢れました。
そして、6年前『もう誰も愛さない。』と決めたことを彼に謝りました。

家に帰る途中、彼の名前と彼女の名前がフッと浮かびました。
彼はフィリップ、彼女はサラ。
そして、帰ってからブルゴーニュの場所を検索したら
昔、ブルゴーニュはフランスではなく、ブルゴーニュ公国という国だったことが分かり
1477年にブルゴーニュ公国が消滅し、フランス領になったというくだりで
あ、フィリップが解放されたのはこの時期だな!と思いました。

そして、寝る前につけている日記をパラッと見たときに
このセラピーを申し込んだ時の日記が目に入りました。
その日見た夢の中に出てきたキーワードが書いてあり、その中には
いくつか見えた数字も書いてありました。

521、0000、148

なんだろなぁ、と思った瞬間『もしかして!』と思い
急いで電卓で2009年から521を引いてみました。
なんと1488年になりました。
0000の4桁は西暦を表わしていたんだと気付きました。
1488年はたぶんフィリップの亡くなった年です。
こんな一致をみせるとは、あまりの感動に涙が溢れました。

そして、電波時計の時間が進んでいたのは
フィリップからの『急いで!』のメッセージでした。
なぜ、そうだと気付いたかと言うと…
今日、電波時計が普通に戻っていたのです。
1ヶ月も進んでいた電波時計が、今日のタイミングで戻ったということは
昨日のセラピーで、私がフィリップの気持ちをきちんと理解できたから
時計を元に戻してくれたんだと、そう気付きました。

更に深い部分のセラピーをまだ受けるつもりですが
一回のセラピーでこんなにも多くのことを気付かせてもらえて
私にとっては大きな大きな体験となりました。
個人差があるとは思いますし、誰にでも万能かどうかは分かりません。
でも、こういう癒しの方法もあるんだな…と勉強にもなりました。

そして、自分のことがより一層好きになりました。

今、進むべき方向に迷いがなくなり、スッキリした気持ちで
ゆっくりと、でも一歩ずつきちんと進む心構えが出来ました。
さぁ、行こう!ぼくは急いでるんだ!
そして、私のやるべきこともそろそろ始める時期なんですね。

スポンサーサイト
[ 1970/01/01 09:00 ] 日常 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。