la vie quotidienne

*あなたのストーリーお読みします* ストーリーリーディングのsatonao*blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライモンダ/新国立劇場バレエ

新宿2/15

2/15 ライモンダ/新国立劇場バレエ
音楽:アレクサンドル・グラズノフ
振付:マリウス・プティパ
改訂振付・演出:牧阿佐美

ライモンダ:川村真樹
ジャン・ド・ブリエンヌ:碓氷悠太
アブデラクマン:冨川祐樹

クレメンス:寺田亜沙子
ヘンリエット:堀口 純
ベランジェ:マイレン・トレウバエフ
ベルナール:芳賀 望

夢の場第1ヴァリ:さいとう美帆
夢の場第2ヴァリ:高橋有里
スペイン:遠藤睦子、江本 拓

チャルダッシュ:大和雅美、グレゴリー・バリノフ
ヴァリエーション:遠藤睦子



12月のシンデレラで川村さんの仙女を見て、
彼女のライモンダを見てみたいなぁ…と思っていたのですが
15日は友人と会う予定が入っていて、
見に行く予定はありませんでした。

でも、友人が一緒に見に行ってくれるとのことで
初バレエ観劇な友人を連れて見に行ってきました。
本当に感謝です。

音楽が始まり、十字軍の絵が描かれた幕が透けると
ライモンダとジャンが仲睦まじく、ジャンの出征前に寄り添って
しばしの別れを惜しむようなシーンが映し出されます。
そんな2人を遠くから見つめるアブデラクマン。

アブデラクマンが最初から登場して、ライモンダを秘かに想う
という役所にしているのは、他の演出とは違っています。
でも、なんか体育館裏でいちゃつくカップルを
羨ましそうに見ているクラスメートの男子みたいな
な~んか好きになれない演出でした。。。

そして、1幕のドリ伯爵夫人の館でのシーンに入ります。
川村ライモンダが華やかに登場!
と、行きたかったのですが…どうも踊りが固くて
動きもぎこちないし、なんか心配になってしまうほど。
え!?あの仙女の川村さんだよね!?
って感じで、こっちが変なドキドキ感。

しかも、そんな状態で始まった1幕がなが~い。
音楽は美しいけど、どうも牧版の振付や演出が単調で
ランチでお腹いっぱいな私は、
ライモンダの代わりに夢の中へ。

…と思ったら舞台も夢の場へ。
アブデラクマン、カモ~ン!!!
と、テンション上げて見ていましたが
待てど暮らせどアブデラクマンは登場せず、1幕終了。

あ、アブデラクマンは夢とかに出てこないのね。
なんか、むちゃくちゃ現実主義なライモンダなんだ。
ライモンダが夢にまで見ちゃうのはジャンだけで
ジャン命って心に決めてるライモンダに
アブデラクマンの入るスキって無くない?

げっ!!!牧版のライモンダってもしやめっちゃツマンナイ演出!?

2幕に入って、川村ライモンダの調子は1幕とは別人で
長い手足がとても魅力的で、やっぱりステキ♪
役に入り込んできたのか、川村ライモンダの表情も良い!

で、ようやくアブデラクマン登場!
なんですが、ジャン命のライモンダにもちろん入るスキがなく
好きだ~!と迫るものの、
はぁ!?何すんのよ(╬☉д⊙)
と、あっさり拒否される始末。
それでもあの手この手で頑張るアブデラクマンなんですが

あのぉ…パンフで牧さんは
『アブデラクマンをライモンダを無理矢理さらう悪役でなく
サラセンの端正な騎士として登場させる』
って書いてあったんですけど
思いっきり、自己中で乱暴だし
ヘンリエットやクレメンスと踊るときに腕をバッと払ったりして
品格なんてあったもんじゃない。

こんなアブデラクマンじゃ、ライモンダも一層引くと思うんですけど。
しかも、一気に盛り上がった2幕が短すぎて
(いや、1幕が長すぎなんだ)
2幕が終わったときに、アブデラクマンカモ~ン!!!!!
と、やっぱり心で叫んでしまった(泣

私はライモンダの夢の中で、この先を暗示するかのような
アブデラクマンらしき人物が、
ライモンダに迫るシーンがあるからこそ
その後の2幕で実物のアブデラクマンが登場して
動揺してしまうライモンダの心の揺れ動きが面白いんだと思うんです。

出征して、しばらく会っていないジャンを想いつつ
淋しい時に現われる魅力的なサラセンの騎士に
心が揺れてしまうなんて、
見ている側だってドキドキするじゃないですか。

そんなもや~っとした気持ちのまま3幕へ。
より一層伸びやかに踊る川村ライモンダ。
コールドもよく揃うし、気持ちよく見られました。

川村さんは踊りに伸びがあるのですが
自己主張がすごく控えめで、主役のオーラに欠けてしまいます。
ただ上手なだけではなくて、もっと踊りで惹きつけられるような
ダンサーに成長して欲しいなぁ、と思ってしまいました。
また、ただ振りを追って踊るような感じがした部分もあり
無感情になっているようにも見えてしまったので
ちょっと残念でした。

もっとこういう素質のあるダンサーを育てるような仕組みを
国立のバレエ団なんだし、しっかり作って欲しいです。
ビントレー氏が芸監になってから、少しでも何かが良い方向へ
変わって欲しいな、と思います。

今回のことでよく分かりましたが
私は牧さんの振付・演出がちょっと苦手かもしれない。
ライモンダに彼女のクリエイティブな部分は見出せませんでした。

一緒に行った友人は
『面白かった~♪キレイだった~♪』
と、喜んでくれたのでそれだけでも良かったかな(笑
スポンサーサイト
[ 2009/02/16 21:07 ] バレエ | TB(-) | CM(2)
お久しぶりです^^
しばらくぶりのコメントになってしまいますがお元気そうですね^^
前の日記も全部読ませてもらったけど、どこをクリックすればコメントできるのか
よく分からず、ここに書いております。

まずわかばくん、おめでとうございます^^あっという間にもう1歳ですか^^
サツキ姉さんのおかげで立派なギャングに育っているのですね^^

フランス行きは3月になったのですね^^旦那さんと楽しんできてくださいね。

バレエも演出によって好き嫌い出るものなんですね。舞台はみんなその辺同じなのかな?

また遊びに来ますので宜しくお願いいたします^^
[ 2009/02/16 22:36 ] [ 編集 ]
>ままもちちゃん
PC直ったのかな!?
とにかく、お帰りなさ~い♪
コメントは日付のドーナツの下から入れます。
分かりにくくてゴメンね。。

わかばも1歳になり、すでに反抗期を迎えています(汗
ワンコは成長が早い分、反抗期も早くやってきます。。。
気に入らないとカンシャク起こしたりして
サツキ姉は仕方ないねぇ~と呆れ顔です(笑

フランスには3月に行ってきます。
お天気が良ければいいなぁ、と今から祈っています。
どんな旅になるかはお楽しみですね♪

バレエも演劇などと一緒で、演出が違うと内容まで
変わってしまうかのような印象を受けます。
個人の好みもあるので、この辺は本当に見るまで
分からないものですね…。
今月はあと2つ、バレエを観てきます♪
[ 2009/02/17 16:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。