la vie quotidienne

*あなたのストーリーお読みします* ストーリーリーディングのsatonao*blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライモンダ/レニングラード国立バレエ

ライモンダ:オクサーナ・シェスタコワ
ジャン・ド・ブリエンヌ:マラト・シェミウノフ
アブデラフマン:アレクサンドル・オマール

クレメンス:タチアナ・ミリツェワ
ヘンリエット:イリーナ・コシェレワ
ベランジェ:デニス・モロゾフ
ベルナール:アンドレイ・マスロボエフ

サラセンの踊り:ナタリア・クズメンコ
          アレクセイ・クズネツォフ
パナデロス:エレーナ・モストヴァーヤ
        アンドレイ・カシャネンコ
ハンガリーの踊り:エレーナ・フィールソワ
            ロマン・ペトゥホフ

3幕ヴァリエーション:ユリア・チーカ

指揮:ミハイル・パブージン/レニングラード国立歌劇場管弦楽団



私の新年幕開けバレエはレニ国のライモンダでした。
ここのライモンダを見るのは初めてです。
シェスタコワが好きなので、この日を選びました。

1幕はセットが華美になりすぎず、重厚感あふれる絵がステキ。
クレメンスやヘンリエットは落ち着いた赤の裾の長いドレスで
ポアントははいていませんでした。

目をひいたのはクレメンスのミリツェワ。
踊りにキレがあって、安定感抜群。

そしてライモンダ@シェスタコワの登場!!!
笑顔が輝いてました♪
シェスタコワの笑顔はバラの花束みたいで、
その場がパッと華やぐ感じがします。

踊りの方は長期公演の疲れもあるのか、いつものシェスタコワらしい
キレがなかなか見られず、不調な感じもしましたが
それをキレイにカバーしてしまう技術はさすが!!!

シェスタコワは上半身の動きがとても豊かで
長い手がさらに長く感じてしまいます。
なのでポーズがとても美しいんです。

さて、このプティパ(&セルゲーエフ、ロプホフ)版は
1幕にジャン・ド・ブリエンヌは登場しません。
もう十字軍に出征したあと、という設定になっています。

と、言っても私はライモンダで全幕を観たのはDVDになっている
ボリショイのグリゴローヴィチ版しかないんです。
グリゴロ版は出征するトコロも描いているので
今回、プティパ版を観ながら
『ジャンはもういない設定も悪くないなぁ…』と思っただけです(汗

話がサクサク進んで1幕がするする~っと進むんです。
その代わり、ジャンとライモンダがどのくらい愛し合っているかは
夢の場での表現なので、ちょっと現実味が薄いのが難点です。

夢の場は十字軍に出征しているというだけあって
ライモンダの夢に出てくるジャンとライモンダを温かく見守る精たちは
戦いを象徴するワルキューレみたいな感じでした。
(ま、ワルキューレは戦死者をヴァルハラへ迎える役目ですけど…)

ようやくここでジャン・ド・ブリエンヌが登場!!!
シェミウノフ、身長195センチあるらしく確かに大きい!!!
身長が高いと言っても、パリオペラ座のジョゼ・マルティネスのような
痩せてひょろっとしているのではなく、
ミラノ・スカラ座のロベルト・ボッレほど、筋肉ムキムキでなく
そのちょうど中間あたりな体格なので、わりとガッシリ系です。

シェスタコワが若干、アネゴっぽく見えてしまいましたが
パートナーシップも良さそうでした。
とにかく2人のパ・ド・ドゥが美しかったです♪

休憩を挟んでの2幕。
ドリス伯爵夫人の館で行われる宴です。
夢の場でライモンダの前に現われたサラセン王アブデラフマンが
現実の場でライモンダの前に現われてしまうという
ライモンダ的にはかなりショッキングなシーンです。

アブデラフマン@オマールは役への作り込みが良くて
物語に引き込まれました。
元々、ここのバレエ団は演技的な面もなかなかレベルが高いので
見応えはあるんですが、アブデラフマンがあまり踊らない分
演技力があって、とても良かったです。

アブデラフマン@オマールはあくまでもライモンダたちには
恭しくしていながら、目はギラギラとライモンダを追いかけている
…そして、段々と感情が高ぶっていく様子が手に取るように
分かるのが面白かったです。

アブデラフマンが連れてきた踊り手たちが怒濤のように
踊り出すのですが、サラセンの踊りを踊った
クズメンコ&クズネツォフにはびっくりしました。
特に男性のクズネツォフ。
キャラクテールにはめっぽう強いロシアのバレエ団ですが
本当に現地のサラセンからいらっしゃったのかしら…と
思ってしまうほど完璧なダンス。

サラセンは中東近辺を指すのですが、具体的な国はどこか
よくは分かりません。しかしこのアラビアンな情熱的なダンスは
気持ちをグググーッと高めてくれます。
まるでアブデラフマンの気持ちを疑似体験しているみたいです。

そしてアブデラフマンを取り巻く踊り手たちが宴を盛り上げ
ごったになっているスキにアブデラフマンはライモンダをさらって
逃げようとするのですが、ちょうどタイミング良くジャンが出征から
帰還してアブデラフマンと決闘をするのです。

残念ながら、アブデラフマンは決闘に敗れ
ジャンとライモンダはめでたしめでたし。

最後の休憩を挟んで3幕の結婚祝宴。
ドリス伯爵夫人の館でハンガリー王アンドレイ二世と
ドリス伯爵夫人に祝福されてライモンダとジャンの結婚祝宴が開かれる。

ライモンダもジャンもドリス伯爵夫人もフランス人なんですが
ハンガリー王に率いられて十字軍に出征したジャンとの関係もあってか
ハンガリー色の強い踊りが多い3幕です。

衣装のセンスが良いです!!!
ゴールド、シルバー、ホワイトを基調とした衣装に身を包んでいるので
厳粛で荘厳な雰囲気もあり、華やかでもあります。

この3幕だけ上演されることも多いだけあって
他の1、2幕より作り込まれていて、
ダンサーたちも踊りがビシッと揃ってキレイでした。
レニ国らしい素敵なコールドバレエに感動です♪

ライモンダのソロヴァリエーションは
決闘に敗れたアブデラフマンへの鎮魂も込められていると聞きますが
あのちょっと暗い感じのピアノで始まるヴァリでの
シェスタコワは淡々と、そして威厳がある感じで踊っていて
とても素晴らしかったです。
ブラボーがたくさん飛んでましたよ。

パリへヌレエフ版は見に行けなかったけど、今年の幕開けバレエとして
とても楽しい演目でスタート出来て良かったです。
2月には新国立劇場でもプティパ(牧)版のライモンダが上演されます。
実はとっても見に行きたいのですが日程的に行けるかどうか。
でも、突然行くかもしれません(笑
新国立劇場ライモンダ/動画
スポンサーサイト
[ 2009/01/31 19:51 ] バレエ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。