la vie quotidienne

*あなたのストーリーお読みします* ストーリーリーディングのsatonao*blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サン=サーンスとハチャトゥリアン

フィギュアスケートのグランプリファイナル、楽しかったですねkao03
私はフィギュアスケートに詳しくないので、どうやって得点が加算されていくのか
さっぱり分かりませんが、音楽とスケートを存分に楽しみました。

キム・ヨナさんのSP(ショートプログラム)、上手いなぁと思いました。
サン=サーンスの『Danse macabre(死の舞踏)』。
もう曲が盛り上がりますね♪

サン=サーンス:交響曲第3番サン=サーンス:交響曲第3番
(2003/06/25)
デュトワ(シャルル)

商品詳細を見る


表現力云々は今回置いておいて、キム・ヨナさんの魅力は
東洋人には珍しい、長い手足をしなやかに使っているところですね。
スケーティング~ジャンプ~スケーティングの流れが、とても滑らかで
見ていると自分まで滑っているような感覚に襲われます。

サン=サーンスの曲は今回、安藤美姫さんもフリーで使用していました。
(サン=サーンス:交響曲第3番オルガン)
また素敵な曲なんですよ~これが♪
安藤さんがとても大人っぽく、しっとりと滑っていましたね。

サン=サーンスはフランスの作曲家で、わりと近代の方です。
モーツァルト同様に才能があり神童であった彼は
現代音楽を批判し、古典・ロマン主義を貫き通し
それ故、当時のフランスではあまり受け入れられませんでしたが
現在はフランスを代表する大作曲家とされています。

私は、彼の曲はとても面白くて好きですね。
特にこの交響曲第3番なんて、オルガンの音色が絶妙で
ドラマティックで胸が震えます。
是非、オルガンの生演奏付きで聞いてみたいですね♪

サン=サーンスの歌劇『サムソンとデリラ』中のバッカナールも
フィギュアスケートではよく選曲されますね。
ノリの良い曲調なので、滑りやすい、気持ちのノリやすい曲だと思います。

さて、今大会で優勝した浅田真央さんがフリーで使用した曲は
ハチャトゥリアンの『仮面舞踏会』からワルツ。
ワルツということは三拍子なので、ズンタッタ ズンタッタ♪のリズムが続き
これはちょっと滑りにくい曲なのでは?

でも、素晴らしいプログラム構成でびっくりしましたけど!!!

ハチャトゥリアン:バレエ音楽ハチャトゥリアン:バレエ音楽
(1998/01/01)
アニハノフ/サンクト・ペテル

商品詳細を見る


ワルツのリズムの中で、上手くタイミングを取りながらジャンプするわけですから
非常に難しいでしょうし、そのジャンプが高難度なんですからスゴイですよね!!
浅田さんの素晴らしいところは、のびのび滑る姿勢ですね。
何というか、作らないのびやかさが気持ち良いです。

フィギュアスケートはあくまでもスポーツで、今でこそだいぶ芸術的になってきましたが
本来のスポーツとしての清々しさを、浅田さんからは感じます。

ハチャトゥリアンと言えば、私は真っ先に『剣の舞』を思い出します。
そして、小学生の頃この曲を音楽の時間に聞いた男の子たちが
ハチャトゥリアンのことを『わしゃ父ちゃん』と言い換えてふざけていたことも
セットで思い出すんです(笑

バレエを見始めて、ハチャトゥリアンの曲で有名なバレエ
『スパルタカス』や『ガイーヌ』を知りました。

この方、サン=サーンスよりも、もっと現代の方です。
亡くなったのが1978年なので、私が生まれた頃はまだご存命だったのね。
プロコフィエフやショスタコーヴィチと共にソヴィエト3巨匠の1人と称されたそうです。
トビリシ生まれということは、現在のグルジアの首都に生まれたんですね。

ハチャトゥリアンの曲調ってなんとなく、民族音楽っぽくて
とにかくズンチャカ ズンチャカ♪の繰り返しってイメージなんですが
仮面舞踏会は意外にもノーブルな作品なんですね。
びっくりしました(笑

スパルタカスのズンチャカぶりとか結構好きなんで、ガラッと雰囲気の違う
仮面舞踏会に、本当にハチャトゥリアンなのか疑ったぐらいです(笑
で、ハチャトゥリアンを聞くと自動的にボリショイバレエが脳裏に浮かんできます。
彼のおかげで、私たちは今
あのダイナミックな『スパルタカス』を見ることが出来るんですもの♪

ザハロワもエギナを踊ったなんて、見てみたいわ~。
http://jp.youtube.com/watch?v=dFYJ0kK6b2M

フィギュアスケートに使われる音楽は、インパクトを与える意味でも
耳に残る曲を使う人が多いですね。
私もTVを見ながら、知らなかった曲に出会うと
恋をしたときみたいにキャーheart02って胸がトキメキます。
なので、そういう目線で見るフィギュアスケートが好きだったりします♪
スポンサーサイト
[ 2008/12/16 17:31 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)
No title
フィギュアは技術点が芸術点よりも上なイメージなので
(・へ・;;)うーむ・・・・ って思うことも多いのだけど…今回は気持ちの上で
真央ちゃんが勝ってた?って気もします。真央ちゃん、演技力もついて
大人になりましたよね^^
[ 2008/12/17 00:48 ] [ 編集 ]
>ままもちちゃん
うん、そうだね♪
私は浅田さんが滑ると、その滑りから
彼女の素直で清らかな性格を、不思議と感じます。
見ていてとても気持ちの良い滑りですよね!
真っ直ぐというか。。

今回はタラソワコーチの元で、ずいぶん芸術面も
鍛えられたみたいで、今後の浅田さんが益々楽しみに
なるようなスケーティングでしたね♪
また来年が楽しみだわ~!!
[ 2008/12/17 17:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。