la vie quotidienne

*あなたのストーリーお読みします* ストーリーリーディングのsatonao*blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

YOKOHAMA満喫

久々のアロマ教室でした。
まずはいつものコースと化した元町ランチへ♪

2/8ランチ

元町商店街のスターライトグリルさんから
代官坂を少し上った場所にある、
日本茶専門店『茶倉(sakura)』にてランチ。
お昼のランチは豆乳系メニュー+お茶が付いて1500円以下
と、かなりリーズナブル。
私とランド君ママちゃんは豆乳シチューを注文。

2/8ランチ2

とてもさっぱりした味で、ヘルシー。
フレンチトーストとサラダが付くので、お腹的にも満足!
そして、食後は美味しいお茶をゆっくり味わいながら
おしゃべりに華が咲いちゃいました。

2009/0208

元町には素敵なお店が多くて、発掘するのが楽しいです。
と、言ってもランド君ママちゃん情報に頼りっぱなしなんです(笑
いつもありがとうkao03

今回のアロマ教室は
『アンチエイジングクリーム』と『バスフィズ』です。
アンチエイジングクリームは、潤い感もUPさせたなめらかクリーム。
マカダミアナッツオイルにシアバターが入っているので
栄養価も高いクリームです。

そこに、コラーゲンやヒアルロン酸が入るので
肌の衰えを感じている方には、違いを感じてもらえると思います。
ローズウォーターと精油のダマスクスローズで
香りはまさにバラ色満開♪

そして、バスフィズ。
お風呂に入れる入浴剤です。
血管を拡張させて、血行を良くして精油の香りでリラックス♪

主成分は重曹、クエン酸、コーンスターチ。
マイカで色をつけると見た目もかわいらしくなりますね。

2/8バスフィズ

ここへアロエベラオイル、はちみつ、精油などを入れて
よくかき混ぜてから、型へ入れてよく押したら出来上がり。
とても簡単で、かわいいのでプレゼントにも最適ですね。

2/8バスフィズ2

今日の作品たちです。

2/8アロマ

私たちが作業している間、かわいいお友達がずっと一緒で
癒されながら、楽しい時間でした。

2/8フェリ
フェリーちゃん♪

2/8ジョジョ
ジョジョちゃん♪

2/8ランド
ランドくん♪

お教室のあと、みんなと別れてから夕暮れの山下公園へ
ちょっと足を伸ばしてみました。
風が強くて極寒でしたけど、景色は最高にキレイでした。

2/8みなとみらい

私は横浜という街がとても好きなんですが
異国情緒漂う古い建物と、新しいものが混在しながらも
常に変化している街の雰囲気が、とても肌に合います。

昭和2年に建設された『ホテルニューグランド

2/8ホテルグランド

大正6年に創建された『横浜市開港記念会館

2/8県庁

寒くて街歩きをここで断念して、日本大通り駅から
電車に乗ってしまいましたが
またゆっくり、横浜散策にくり出してみたいです。
夜景を撮るにはまだまだ寒い季節です(TωT)
[ 2009/02/09 14:53 ] 日常 | TB(-) | CM(6)

お誕生日や読書や買い物や

わかばが2/1で1歳になりました。

わかば1歳-2

そして、最近ひとつ芸?を仕込みました(笑
『わかば、タッチタッチ!』
と言うと、手をタッチしてくれます。

わかば1歳-1

2本足で立って、タッチしてくれるので
かわいくて何度もやってしまいますが、
3回くらい繰り返すと、無視されます。。。

そういえば、サツキが1歳になるより早く感じました。
それもこれも、サツキがわかばシッターしてくれたお陰です。

サツキ-おやつ

はいはい、そうだね。
あ、当然だ!と申しております。
もう、サツキのお陰で私はわかばに手を焼いたことがあまりなく
サツキ様々でございます。。

そんなサツキですが、最近顔に白いものが混ざり始めて
え!?もう!?
まさか、わかばのお守りで精神的に疲れてストレスが…
ま…まさかね…
と、思ってはいるのですが
良き姉として頑張っているサツキには
やっぱり何かと頼ってしまう、ダメ親です。

サツキ-ソファー

さて、また本を読みました。
本の虫ですね(笑

西の魔女が死んだ (新潮文庫)西の魔女が死んだ (新潮文庫)
(2001/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る


これは映画にもなった作品ですが、私は映画は見ていません。
描写がとてもステキで、映像がバッと頭の中に現われるような
日本であって日本でないような、そんな世界に
どっぷりと浸りました。

イギリスの田舎にいるような(行ったことないけど)
自然に囲まれて、素敵なガーデンがあって、不思議な空間もあって
電化製品や最新のものに頼らずに生きる姿に
何か大事なものを教わったような気がしました。

スピリチュアルっぽい世界を、幻想化せずに
まず人間はどうあるべきなのか…ということを
とてもストレートに示して、生と死について
すっきりと書かれていたのが、とても共感できました。

最後に、最近買ったCDのことを少し。
本当はパリには2月に行こうと思っていました。
と、言うのもパリ・オペラ座の演目がすごく見たかった
リファールの『白の組曲』だったから。

で、1月の下旬~2月の上旬にかけて上演される
リファール/プティ/ベジャールのミックスプロを見たかったのですが
やっぱり人気がすごくて、チケットが手に入りませんでした。
私の休みも取りにくかったので、
3月の別演目を見ることにしたんです。

なので、少しでも気分を味わいたくて
『白の組曲』で使用されている曲が入っているCDを買いました。
米国アマゾンに注文していたんですが、手配に時間がかかる…
とのことだったので、ポンドが下降してきたアマゾンUKで買いました。

Lalo: Namouna; Gounod: Mors et vita; JudexLalo: Namouna; Gounod: Mors et vita; Judex
(1994/03/22)
Charles Gounod、

商品詳細を見る


すぐに届きました(笑
米国には在庫がなかったんでしょうね。
アマゾンって便利すぎてやめられません。

『白の組曲』はルグリの仲間たち公演で見たことあるのですが
やっぱりあのバレエブランはガルニエ宮で気分も満喫して見たいです。
って、贅沢でしょうか(・ω・;A)フキフキ

曲だけ聞いていても、頭の中になんとなく
踊っている風景がふわ~っと浮かんでくるから
何度も聞いて、妄想にふけっています。
動画がちょっとだけオペラ座のサイトで見られます。
これも、だいぶ嬉しいです♪
ルフェーブル芸監/白の組曲/アルルの女
ベジャール:ボレロ(ニコラ・ルリッシュ)
[ 2009/02/03 16:34 ] 日常 | TB(-) | CM(10)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。