la vie quotidienne

*あなたのストーリーお読みします* ストーリーリーディングのsatonao*blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライモンダ/レニングラード国立バレエ

ライモンダ:オクサーナ・シェスタコワ
ジャン・ド・ブリエンヌ:マラト・シェミウノフ
アブデラフマン:アレクサンドル・オマール

クレメンス:タチアナ・ミリツェワ
ヘンリエット:イリーナ・コシェレワ
ベランジェ:デニス・モロゾフ
ベルナール:アンドレイ・マスロボエフ

サラセンの踊り:ナタリア・クズメンコ
          アレクセイ・クズネツォフ
パナデロス:エレーナ・モストヴァーヤ
        アンドレイ・カシャネンコ
ハンガリーの踊り:エレーナ・フィールソワ
            ロマン・ペトゥホフ

3幕ヴァリエーション:ユリア・チーカ

指揮:ミハイル・パブージン/レニングラード国立歌劇場管弦楽団



私の新年幕開けバレエはレニ国のライモンダでした。
ここのライモンダを見るのは初めてです。
シェスタコワが好きなので、この日を選びました。

1幕はセットが華美になりすぎず、重厚感あふれる絵がステキ。
クレメンスやヘンリエットは落ち着いた赤の裾の長いドレスで
ポアントははいていませんでした。

目をひいたのはクレメンスのミリツェワ。
踊りにキレがあって、安定感抜群。

そしてライモンダ@シェスタコワの登場!!!
笑顔が輝いてました♪
シェスタコワの笑顔はバラの花束みたいで、
その場がパッと華やぐ感じがします。

踊りの方は長期公演の疲れもあるのか、いつものシェスタコワらしい
キレがなかなか見られず、不調な感じもしましたが
それをキレイにカバーしてしまう技術はさすが!!!

シェスタコワは上半身の動きがとても豊かで
長い手がさらに長く感じてしまいます。
なのでポーズがとても美しいんです。

さて、このプティパ(&セルゲーエフ、ロプホフ)版は
1幕にジャン・ド・ブリエンヌは登場しません。
もう十字軍に出征したあと、という設定になっています。

と、言っても私はライモンダで全幕を観たのはDVDになっている
ボリショイのグリゴローヴィチ版しかないんです。
グリゴロ版は出征するトコロも描いているので
今回、プティパ版を観ながら
『ジャンはもういない設定も悪くないなぁ…』と思っただけです(汗

話がサクサク進んで1幕がするする~っと進むんです。
その代わり、ジャンとライモンダがどのくらい愛し合っているかは
夢の場での表現なので、ちょっと現実味が薄いのが難点です。

夢の場は十字軍に出征しているというだけあって
ライモンダの夢に出てくるジャンとライモンダを温かく見守る精たちは
戦いを象徴するワルキューレみたいな感じでした。
(ま、ワルキューレは戦死者をヴァルハラへ迎える役目ですけど…)

ようやくここでジャン・ド・ブリエンヌが登場!!!
シェミウノフ、身長195センチあるらしく確かに大きい!!!
身長が高いと言っても、パリオペラ座のジョゼ・マルティネスのような
痩せてひょろっとしているのではなく、
ミラノ・スカラ座のロベルト・ボッレほど、筋肉ムキムキでなく
そのちょうど中間あたりな体格なので、わりとガッシリ系です。

シェスタコワが若干、アネゴっぽく見えてしまいましたが
パートナーシップも良さそうでした。
とにかく2人のパ・ド・ドゥが美しかったです♪

休憩を挟んでの2幕。
ドリス伯爵夫人の館で行われる宴です。
夢の場でライモンダの前に現われたサラセン王アブデラフマンが
現実の場でライモンダの前に現われてしまうという
ライモンダ的にはかなりショッキングなシーンです。

アブデラフマン@オマールは役への作り込みが良くて
物語に引き込まれました。
元々、ここのバレエ団は演技的な面もなかなかレベルが高いので
見応えはあるんですが、アブデラフマンがあまり踊らない分
演技力があって、とても良かったです。

アブデラフマン@オマールはあくまでもライモンダたちには
恭しくしていながら、目はギラギラとライモンダを追いかけている
…そして、段々と感情が高ぶっていく様子が手に取るように
分かるのが面白かったです。

アブデラフマンが連れてきた踊り手たちが怒濤のように
踊り出すのですが、サラセンの踊りを踊った
クズメンコ&クズネツォフにはびっくりしました。
特に男性のクズネツォフ。
キャラクテールにはめっぽう強いロシアのバレエ団ですが
本当に現地のサラセンからいらっしゃったのかしら…と
思ってしまうほど完璧なダンス。

サラセンは中東近辺を指すのですが、具体的な国はどこか
よくは分かりません。しかしこのアラビアンな情熱的なダンスは
気持ちをグググーッと高めてくれます。
まるでアブデラフマンの気持ちを疑似体験しているみたいです。

そしてアブデラフマンを取り巻く踊り手たちが宴を盛り上げ
ごったになっているスキにアブデラフマンはライモンダをさらって
逃げようとするのですが、ちょうどタイミング良くジャンが出征から
帰還してアブデラフマンと決闘をするのです。

残念ながら、アブデラフマンは決闘に敗れ
ジャンとライモンダはめでたしめでたし。

最後の休憩を挟んで3幕の結婚祝宴。
ドリス伯爵夫人の館でハンガリー王アンドレイ二世と
ドリス伯爵夫人に祝福されてライモンダとジャンの結婚祝宴が開かれる。

ライモンダもジャンもドリス伯爵夫人もフランス人なんですが
ハンガリー王に率いられて十字軍に出征したジャンとの関係もあってか
ハンガリー色の強い踊りが多い3幕です。

衣装のセンスが良いです!!!
ゴールド、シルバー、ホワイトを基調とした衣装に身を包んでいるので
厳粛で荘厳な雰囲気もあり、華やかでもあります。

この3幕だけ上演されることも多いだけあって
他の1、2幕より作り込まれていて、
ダンサーたちも踊りがビシッと揃ってキレイでした。
レニ国らしい素敵なコールドバレエに感動です♪

ライモンダのソロヴァリエーションは
決闘に敗れたアブデラフマンへの鎮魂も込められていると聞きますが
あのちょっと暗い感じのピアノで始まるヴァリでの
シェスタコワは淡々と、そして威厳がある感じで踊っていて
とても素晴らしかったです。
ブラボーがたくさん飛んでましたよ。

パリへヌレエフ版は見に行けなかったけど、今年の幕開けバレエとして
とても楽しい演目でスタート出来て良かったです。
2月には新国立劇場でもプティパ(牧)版のライモンダが上演されます。
実はとっても見に行きたいのですが日程的に行けるかどうか。
でも、突然行くかもしれません(笑
新国立劇場ライモンダ/動画
スポンサーサイト
[ 2009/01/31 19:51 ] バレエ | TB(-) | CM(0)

ついに腰痛女。。

休日はのんびりして、どっか遊びにでも…
なーんて思っていたのですが、私の腰痛が悪化(lll-ω-)ズーン
おぉーい。。。

明日は治るだろ…と思って1日過ごすものの治らず。
やっぱり今日はパート先の先生にお願いしました。

腰の奥の方で、ビリビリーって電気が走るんです(TωT)
何でしょう、何なんでしょう!!!
と、先生に訴えるものの

『うん、よくある症状だね(ニヤリ』

と、さらっと交わされ施術開始。
そして、先生は鬼のような神様のような手技で
ツボや筋肉を刺激し、私は痛さのあまり感動のあまり
半べそかいてしまいました il||li _| ̄|○ il||li

全部終わると、少しばかり腰の痛みが緩和されたような気がして
嬉しくて、帰りは軽快に歩いて帰っていたのですが
途中でやっぱり鈍痛が。。。
そうよね、一回で治るわけないわよ。

この腰痛も放っておくと、坐骨神経痛とかまで悪化しちゃうようなので
早めに良くしておかないと…パリでぎっくり腰なんて悲劇だもの。。

そんなことなんてお構いなしで、お散歩楽しさで
グイグイ引っ張って歩くサツキ。
手加減を~!!!

肩こり&腰痛ストレッチして、少しでも早く治さなきゃ。
寝返りも辛い、今日この頃( ノД`)
[ 2009/01/26 21:43 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)

寒さと痛みの関係

お正月明けから、びっくりするほど肩が張って
首~肩~背中~腰
にかけて、常に痛みがあるような状態が続きまして
お決まりの緊張性頭痛まで始まって
日々の生活もちょっと辛いような感じが続いていました。

最初は『風邪かな~?』と思ったのですが
熱もないし、風邪らしい症状もなく
頭痛から来るものかとも思ったのですが
それにしては症状が酷いなぁ…と。

しっかり眠れないような日が数日続き
こりゃマズイでしょ!!
と、近所の整体にかけこみました。。

もう、やってもらっている最中はツボにバシバシ入ってるのか
痛くて泣きそう…いや、泣いてましたけど
キクーって感じが最後まで続き
終わったあとに言われたのが

『背中が張りすぎて凹凸もなく、真っ平らになってました。』
『指も全く入って行かなくて…』

事務仕事で前屈みの姿勢で長時間座っていることが
かなり原因しているんじゃないか…と言われました。
前屈みになると、肩が前に入ってしまうので
背中に負担がきてしまうそうです。

なぜか首~肩~背中~腰の全て右側がすごく張っていたらしく
姿勢も問題あったのかもしれません。
ストレッチをよくして姿勢に気をつけるように言われました。

そして、昨日は久々にぐっすり眠れました♪

さて、今日、先生たちが患者さんに話す事を聞いていたら
寒さと痛みについて話していたので、つい聞き入ってしまいました。

寒くなると筋肉が緊張しっぱなしになってしまうので
普段の生活で何でもなかったことでも
身体を痛めてしまうことがあるそうです。

よく、冬になると足がつりやすくなってしまうっていうのも
きっとその現象のひとつなんじゃないかと思います。

私も仕事を始めて約半年。
その間に蓄積されていた筋肉疲労が寒さで顔を出し
さらに同じ姿勢が寒い中で続き、痛めてしまったんでしょうね。

って、先生たちに治療してもらえばいいのに
仕事先に依存しすぎるのがなんかイヤで
それに整体は女性の先生がやってくれるので
そっちへ行ってしまう私。。
先生ごめんなさい。
[ 2009/01/23 19:47 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)

3月パリ行き

うーん。なんだろねぇ。
3月は何も予定が入ってなかったんだよね(バレエの)

5月も6月も忙しいし、旅行代金も夏に向かってUPしてくるし
私のパリ旅行はいつになるのさ…
なんて思ってたけど、行く気になりゃいつでも行けるんだ。

オペラ座のHPをジーッと見ていたら、3月の演目って
なにげにすごく良いじゃないか!!!
『ル・パルク』にノイマイヤーの『マーラー交響曲第3番』!!!

で、その時偶然にもわたしがiTunesで聞いていたのは
マーラーの交響曲第3番(´Д`ノ)ノ
運命感じちゃいました(笑

ハンブルグバレエのアッツォーニとリアブコが踊る
第6楽章『愛が私に語るもの』がyoutubeにありました。
http://www.youtube.com/watch?v=GIk-03axLNo

なんか色々考えるより行動しちゃった方が良いような気がして
さっさとチケット取っちゃいました。
飛行機も取れそうだし…

パリ、行ってきます

さて、マーラーの交響曲第3番はベジャールの20世紀バレエ団が
『愛が私に語るもの』という作品でも使われていて
DVDで観て衝撃を受けた素晴らしい作品です。

二十世紀バレエ団の芸術 [DVD]二十世紀バレエ団の芸術 [DVD]
(2005/06/29)
二十世紀バレエ団パリ管弦楽団

商品詳細を見る


ノイマイヤーがどんな作品に仕上げているのかとても興味があります。
それでなくても曲が素晴らしいので聴き応えがありそうです。
[ 2009/01/18 02:32 ] 未分類 | TB(-) | CM(8)

わたしの夢

なんか年始から読書ばっかりしてる私。
最近、こんな本を読みました↓

君と会えたから・・・君と会えたから・・・
(2006/07/10)
喜多川 泰

商品詳細を見る


物語調で進む自己啓発本みたいなものでした。

この中で面白かったのがライフリストを作る作業。
自分の欲しいものやなりたいものを羅列するんだけど
ざっと60コくらい書くんです。

面白そうなのでやってみました。

わたしの夢/ライフリスト
*バレエ観劇三昧の生活をする
*世界一周の豪華客船旅に出る
*カナダのイエローナイフでオーロラを見る
*毎日エステ&マッサージ
*広い庭のある豪邸に住む

などなど…
こんなアホみたいな夢が60コ以上出てきました。
出てきただけ凄いと思いましたが(笑

そういえば、最近『自分の夢』とか考えることが
すっかりなかったのですが、
なんかこういうこと考えてるとワクワクしますね♪

この本自体は、それほど感動しませんでしたが
中に書かれてあるエッセンスは参考になりました。
なんとなく、このままで良いのかなぁ…
な~んて思ってダラダラ生活していましたが

こういう考え方をしてみるのも良いなぁ…
と、ちょっと刺激になりました。
中学生や高校生など、進路を目の前にして
漠然とした不安を抱えている人たちに
ぴったりな本じゃないかな…って思います。

それにしても、アホな夢ばかりでスミマセン。。
[ 2009/01/16 21:27 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。