la vie quotidienne

*あなたのストーリーお読みします* ストーリーリーディングのsatonao*blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

彼女について/よしもと ばなな著

今日は体調があまり良くなかったので
おうちでのんびり読書。

彼女について彼女について
(2008/11/13)
よしもと ばなな

商品詳細を見る


[出版社商品紹介]
由美子は、幼なじみのいとこ昇一とともに
失われた過去を探す旅に出た。
この世を柔らかくあたたかく包む魔法を描く書き下ろし長編。



読み終わったとき、由美子がきっと感じたような
温もりに包まれて、すぅっと涙が零れました。

唐突にやってきた旅の始まりのように
私も由美子と共に突然の旅にちょっと面食らいながら
次第に不思議な使命感を感じながら
昇一に手を引かれるように、読み進めました。

映画『シックスセンス』に通じる部分もあったりして
読み終わってから、不思議な気分でしたが
母親のような優しさにあふれた、ばななさんの文章や表現に
すっかり魔法をかけられたような気がしました。

スピリチュアルという言葉が世に広まった今、
良い部分のみがクローズアップされているように思えます。
しかし、その力は何のためにあるのだろうか…と
少し考える、良いきっかけにもなりました。

そして、生きることの幸せを無邪気に喜ぶ由美子を見ながら
自分が忘れてしまった大切な感情が
じわじわと沸き上がるのを感じ、胸がぎゅっとなりました。

ばななさんの作品を読むのは初めてですが
この素晴らしい作品と共に出会えたことに感謝したいです。
[ 2009/01/12 19:44 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)

トライアングル/新津きよみ著

先週の火曜日からフジTVの22:00枠で始まったドラマ
『トライアングル』
http://ktv.jp/triangle/index.html

特に見たかったわけでもなかったのですが
たまたまTVを回したらやっていて、ついつい見てしまい
面白くて原作を買ってしまいました。

トライアングルトライアングル
(2008/09/25)
新津 きよみ

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
郷田亮二は、駆け出しの刑事。
医学部を卒業して医師になったが、
医師を辞めて刑事になったという変わった経歴の持ち主である。
亮二のこの経歴には、過去に遭遇した事件が大きく影響していた。
十歳の時、初恋の少女・葛城佐智恵が誘拐され、殺されたのだ。
事件から十五年が経って時効が成立した時、亮二は自ら刑事となって、
この事件を追い続けることを決意した。
そんな亮二の前に、「葛城サチ」と名乗る美しい女性が現れた。
彼女は、殺された葛城佐智恵にあまりにも似ていた。
この女性はいったい何者なのか―?
亮二の心は激しく揺れ動く。



今日、一気に読んで完読しました。
推理小説だと思っていたのですが、ちょっと違いました。
ものすごく面白い…とは言えないけど
子供を持つ親だったら、色々と考えることも多いのかなぁ…
と、いうような内容です。

私はイマイチ、ピンとこなかったのですが
ドラマと原作はかなり違う部分もあるので
ドラマはドラマとして楽しんで見たいと思います。

新津さんの作品、違うのも読んでみようかな。。
私的には東野圭吾さんみたいな作品が好きなんだけど…。
(『白夜行』みたいなの)

あと、もう一冊お正月用に買った本があって
まだ読んでないので、明日から読もうかと思います。

彼女について彼女について
(2008/11/13)
よしもと ばなな

商品詳細を見る


2009年は読書の年になるのだろうか。。
なんか無性に本が読みたくて不思議な気分です(。-`ω´-)ン-
[ 2009/01/11 23:11 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)

ルグリ芸術監督に

有名バレエブログ&サイトやダンソマニのフォーラム
のぞいたら、新年早々ビッグニュースでした。

マニュエル・ルグリが2010年9月から
ウィーン国立バレエ(スターツオーパー&フォルクスオーパー)の
芸術監督に就任するそうです。
http://www.bundestheater.at/Content.Node2/home/news/content/Legris-Ballettdirektor.php

年始にニューイヤーコンサートをTVで観て
マラーホフの美しさにほれぼれしていた私ですが
(サーモンピンクのシャツが似合ってた…)
http://jp.youtube.com/watch?v=w9xBDsfuBQ0
まさかこういう展開が待っていたとは驚きです!!!

ウィーン国立バレエといと、私は知っているダンサーが
シモーナ・ノヤ、中村祥子さんぐらいです。スミマセン(TωT)

っていうか、オネーギンがレパートリーに入ってるバレエ団じゃないですか♪
ウィーンでルグリのオネーギンが観られるかも。
いや、観たいかも。

ルグリ先生にビシビシ鍛えてもらって、バレエ団のレベルをググッと
上げてもらって、ウィーン国立歌劇場の魅力を日本にも伝えて欲しいです。

来年の9月ですから1年半以上先の話ですが
オペラ主体のウィーン国立歌劇場にどんなバレエの新風を吹き込んで
くれるのか非常に興味もありますし、彼のダンサーとしての仕事も
ウィーンでどう踊っていくのか気になるところではあります。

パリオペラ座の現芸監が退くまで、芸監業の見習い期間でしょうか。
私はルグリがどんな芸術監督ぶりを発揮するのか
今から楽しみですね♪
ウィーン行きたいわぁ~。
[ 2009/01/10 01:04 ] バレエ | TB(-) | CM(2)

ドタバタ仕事始め

のんびりするはずだったお正月休みも
年末の大掃除やら、両親とのお正月やら↓(ママンに耳パタパタされてるサツキ)

大晦日

発熱しながら行った初売りやら…
なんだかんだ言いながらあっという間に終わってしまい
アレー!?もう仕事始めか(lll-ω-)ズーン

という感じで、月曜日からまたいつも通りの日常が始まりました。

お正月明けでパート先も空いていて暇なんだろうなぁ…
なんて考えていたのが甘かった(笑
怒濤の混み具合で、それでなくても月初めは忙しいので
バタバタしながら気付いたら、午前の終了時刻でした。

間違えないように慎重にしていたのと
お正月ボケで頭がちゃんと回転してくれなかったのが重なって
私の頭もショート寸前でした(・ω・;A)フキフキ

帰ったら疲れてバタンキュー。
夕食の時刻まで寝てしまいました。

で、夕食を食べ終わってちょっとのんびりしていたら、
『なんかサツキ、足びっこひいてる…』
と言いだし、よ~く見てみると確かに走ってるときに左足をかばって
変な走り方になってるじゃないですか!!!

そこから、もう焦りまくって診察券を持っている動物病院にTELかけまくり
診察時間を過ぎた病院はどこも繋がらず、半べそかきながら
やっと繋がったのはランド家かかりつけの病院で、一昨年一度かかった病院でした。

診てもらえるとのことで、急いで車にサツキとわかば(おまけ)を乗っけて
病院へ駆け込みました。
なんとか診療時間ギリギリ間に合いまして、先客さんもたくさんいたので
しばらく待合室で待つことにしました。

サツキは自分が患者だと分かっていたのか、緊張しっぱなし。
それに対してわかばはず~っとイイコにじっとオスワリして
サツキのお守り役に徹してました。
う~ん、良い姉弟だ(TωT)

ようやく順番が来て診てもらうと、先生もランド家かかりつけの先生で
一度お世話になった時の先生でした♪
それだけでもホッとして、少し私も緊張が解けました。

そして診察の結果は、指間炎による腫れと痛みだろう…ということでした。
先生に抗生物質の注射を打たれたサツキは、かなりブーたれてましたが
大したことなくてホッとした私たちは、車の中で泣きそうになってました(笑
まったくの親バカです。。

今日は腫れもひいたのか普通に歩いていました。
おやつを要求する元気もいつもどおり…(汗 ↓

サツキ

でも、昨日病院の待合室でびびっていたサツキを知るわかばは
姉の弱点を握り、調子にのっています。。。

わかば&サツキ

ま、わかばも数ヶ月前、病院で体重計るだけでびびりチッコしてたんだけどね。。
もう忘れているんだろうけど(*-゛-)
それにしても、なんともドタバタな幕開けでした。ヤレヤレ。
[ 2009/01/06 16:19 ] 日常 | TB(-) | CM(4)

2009年スタート

年賀2009

本年もどうぞよろしくお願い致します。

年越しは自宅に私の両親が来てくれて、家族水入らずな年越しでした。
新しい年を迎えた実感が薄くて、やっぱり新年もフツーに起きて
フツーにサツキとわかばをお散歩連れて行って…
お節を食べて、お雑煮食べて、TVが新年特番なのが

なんかお正月っぽいかも(笑

今年は本厄ですが、あまり気にせず
とにかくバレエの歴史や音楽のことをもっとしっかり勉強して
より深く理解したいと思っています。
まだ実らなくて良いので(笑)まずは勉強あるのみです!

どうか平和な一年でありますように…(-人-)
[ 2009/01/01 19:01 ] 日常 | TB(-) | CM(10)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。